絶対に負けられない税理士試験

アラフォーなのに独身の男が税理士試験に無謀にも臨む姿を綴ってみてみたー!!

去年とのトレーニングのギャップ

こんばんは。
ごらん頂きありがとうございます。


去年とのギャップで週当たりのコマ数や授業などは前にも書かせてもらいましたが、今日はトレーニングについてです。


消費税法のトレーニングには問題に解答用紙がついていないものもあります。去年の簿財は全問、解答用紙がついていて、それをコピーして、そこに書き込んでトレーニングを回していました。
なので今年は解答用紙のない問題を解くときには何となく解きづらく感じ、解答用紙のない問題を解くトレーニングが必要です(笑)


そして~!!


問題あたりの目標設定時間が長い
簿財だと1問あたりの平均設定時間は10分あるかないかだったので、サクサクっと問題を解き進めることができていました。
たまに、財表で30分前後の問題もありましたが・・・


それが、今年の消費税法のトレーニングの目標設定時間は30分から60分モノがかなりある印象です。特にNO.3テキストあたりから問題のボリュームが増えた印象です。


なので、トレーニングを回すのが回しづらい、回しづらい。
しかも解答用紙が1問あたり3.4枚って問題もあり解き終わって、後日「2回転目行って見よう!」って前には1度書いた答えを消しゴムで消してからになるので、時間が掛かるやら手が辛いやら・・・


コピーを何枚もしたり、ネットからダウンロードすればいいのかもだけど、前者は費用面、後者は用紙サイズが小さくなるなどから、一生懸命、毎回、消しゴム使って、使いまわしてます(^^)v


そんなこんなで、去年よりもトレーニングを回転させることがあまり出来ていないことが去年との最大のギャップです。
・・・って、ギャップにしたらダメですよね Orz


解消せねば!!!!!(>-<)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。