絶対に負けられない税理士試験

アラフォーなのに独身の男が税理士試験に無謀にも臨む姿を綴ってみてみたー!!

読み聞かせ

こんばんは。
ごらんいただきありがとうございます。


消費税法上級コースにて合格29を獲得すべくエブリデイ・スタディイングです\(^^)/


今日は理論で思ってることです。


財表のときもそうだったんですが・・・


理論覚えると、その日はスラスラ言えちゃったりしますよね。
だけど、翌日には少し忘れちゃってる・・・そのあとは、もう~
雪崩式に言葉抜けていっちゃって気がついたら・・・
「輸出物品販売場における輸出物品の譲渡に係る免税」
「課税期間」
どんな理論だったっけ???と、まさに記憶喪失状態!
ちなみに、上記の2理論はとても苦手な理論なんです。。。


そして、1度完璧に叩き込んで完璧に忘れた理論なんですが・・・


次、覚えなおしたときには、なんと!?
!?!?!?!「い・言える・・・なんかわかんないけど口から言葉が溢れてくるぞ」って感覚なんです。


そう、高度な格闘技訓練を施され、その後、九死に一生を得たが記憶喪失になった兵士が突然敵に襲われたときに体が勝手に動いて、「な・何者なんだ俺は?」・・・・あの感じです(笑)



なので、これが何度も出てくるフレーズ・・・例えば、、「課税期間の末日の翌日から2月を経過した日から7年間、納税地又は事務所等の所在地に保存しなければならない」なんかになるともうなんか、驚異的なスピードで言えちゃいます(笑)


結局、何が言いたいかっていいますと、理論は忘れても心配しないでとにかく、回転させていけば、本試験のころには早く言えるようになっていて、早く言えるなら速く書けるようになっているはずなんです!!


と、財表でやってきたことを信じて消費税でもやっていこくことと自分に読み聞かせている今日のブログなんです(^^)v





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。