絶対に負けられない税理士試験

アラフォーなのに独身の男が税理士試験に無謀にも臨む姿を綴ってみてみたー!!

消費税法試験あるある

消費税法あるある言いたい~~
消費税法あるある早く言いたいよ~~~~
消費税・・・法あるある今から言うよ~~~~
あるある言うよ~~~~


理論早書きするうちに普段の字も汚くなる~~



消費税法あるあるまだまだ言いたい~~
やっぱり消費税法あるある早く言いたいよ~~~~
消費税・・・法あるある今から言うよ~~~~
あるあるまたまた言うよ~~~~


・・時(じ)、・・物(ぶつ)、・・者(しゃ)としか読めなくなる~




ちなみに消費税法勉強したことない人はわからないでしょうが、
前者試験時間で終わらないボリュームの内容なので、理論書くスピードが要求され、ついつい早く書くようになります。そして、そのために字を崩して書いてしまいます。その結果、普段の字も汚くなっちゃいました。。。



後者は理論を覚えるときに、TACでは、正確に文章を覚えるために、~する時~するとき、また、その者そのものその物
のように読み方が同じで漢字が違う場合があるので、書く時に混同しないように覚えるときに、~する時()と読み、その者(しゃ)、その物(ぶつ)と口に出して覚えて、それで漢字を間違わないように書くんですよね。そしたら、普段からそういう風に読んじゃうんですよ。


ちなみに、今の仕事の会議の資料を読むときがあり、「・・した者(しゃ)がその時()に処理するものとする」と読んでしまい、周りにキョトンとされたことがありました(笑)


あくまでも個人的なあるあるなんで、ないないって思われたらすんませんm(_ _)m


以上、中身のないブログでしたv(^^)v



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。