絶対に負けられない税理士試験

アラフォーなのに独身の男が税理士試験に無謀にも臨む姿を綴ってみてみたー!!

消費税法上級第4回テスト

こんばんは。
ごらんいただきありがとうございます。


消費税法上級コースに歯がたたない毎日を過ごしています。


そんななか、今週は答練4回目を受けてきました。
まだ受けてらっしゃらない方は内容に触れる部分があるので
 まだ解かれていない方は・・おわかりですね(笑)





今回は制限時間120分 理論50点 計算50点 100点満点の答練でした。
そして、私の結果はというと・・・81か82点でした。



以下
理論 43点~44点/50点中 目標時間50分
今回は予告理論が4題と多めでしたが、結構、熱いエネルギッシュな論点だったので、何度か目にしていたため、覚えることはそんなに重たくない感じでした。
理論は3問形式でほぼほぼベタ書きでしたが、書く部分を限定するような出題のされかたでした。概要の書き方が甘いと思うのと、「非課税資産の輸出」預金の預入れで債務者が非居住者のところを利子を対価とする・・・ってしまったのがダメでした。。。
こういう間違い方は致命的な気がしました。
なんか心配になるくらい早く終わり、35分くらいで書き上げてしまいました。



計算 38点/50点中 目標時間 70分
 今回はリバースチャージ調整対象固定資産がメインの問題でした。なかなかボリューミーな高カロリーな問題だったのだと思います。ですが、今回の私は何かおかしいのです。たぶん、昔の野球選手が言っていた「ボールが止って見える」みたいに「問題が止まって見えるんです!!」そうです、当たり前です(笑)
が、腕が軽くて軽くてサラサラと書いていっちゃうんですよね~


ま、結果が伴っていないのでまったく意味ないですけどね(T T)
時間は62.3分くらいでなんと変動まで全部埋めることができたんですよね~~結果、非・輸の関係で合わせそこねましたが、いい線いってました(^^)
あとは区分経理と最後の交換資産でも失敗して、コメント入れ忘れやらなんやらで、どしどし減点されていきました~~(T T)/


今回、点数は伸びなかったですが、時間を余すくらい早く終わることができたので、前回の途中でタイムアップのショックを少し払拭することができました。あと、リバースチャージ関係はミスなしで調整対象固定資産も大きなミスはなく通算も出せたりもしたので、捨てるとこだけど、いい経験をできたなって感じです。
まるで・・・
給食終わりの5時間目の窓際の席で窓を開けていたら心地よい風が入ってくる小春日和にウトウトする・・・あの感じくらい心地よい気分でしたとさ(笑)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。