絶対に負けられない税理士試験

アラフォーなのに独身の男が税理士試験に無謀にも臨む姿を綴ってみてみたー!!

消費税法上級第6回テスト


こんばんは。
ごらんいただきありがとうございます。



消費税法上級コースを受講して3ヶ月が終えようとしています。



そんななか、今週は答練6回目を受けてきました。
まだ受けてらっしゃらない方は内容に触れる部分があるので
ノールックでしくよろです(^^)/














今回は制限時間120分 理論50点 計算50点 100点満点の答練でした。
そして、私の結果はというと・・・72点から74点くらいでした。





以下
理論 41点~43点/50点中 目標時間55分
 今回は予告理論が4題と多めの回でした。でも、似たり寄ったりの文章もあったりで覚えるのは覚えれたと思うのですが、今回、やっていまいました!!!
用語の意義をまったく見ていませんでした~~~~
日ごろからしっかり見ていれば問題ないんでしょうが、何とかあやふやな言い回しですが書きました。が、どれくらい減点されるか微妙です!ちょっと、甘い自己採点かもです。
理論は2問形式で問1は「調整対象固定資産の変動」の理論、問2は「新設法人」「特定新規設立法人」の理論でした。
どちらも難易度としてはそこまで難しくないと思うのですが、それをビシっと書けなかったことが悔やまれます(T T)




計算 32点/50点中 目標時間 70~75分
計算も2問形式で問1は「簡易課税」、問2は「リバースチャージ」でした。
自分はやっぱり簡易課税が苦手です!
課税標準額で間違えると雪だるま式に間違っていく感じがあるので、途中であやふやなまま転記していく部分があると、「たぶん間違ってるんだろうな~」って集中力が散漫になり計算ミスをしてしまいます。
リバースチャージは・・・完全に復習できてませんでした。「どうやればいいんだろう??」と地面に落としためがねを「めがね・・めがね・・・」と手探りで探すような状態で解いていきましたOrz


案の定、課税標準額一括比例配分方式の計算パターンでミスり、減点パラダイスでした。


今回は今まで一番悪い結果となってしまい、かなり凹んでいます。
これをいいクスリにして残り2回の上級演習で高得点を叩きだし、直前期に向かっていきたいです!!!


もう直前期がそこまで来てるんだなぁ









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。