絶対に負けられない税理士試験

アラフォーなのに独身の男が税理士試験に無謀にも臨む姿を綴ってみてみたー!!

点数の限界値

こんばんは。
ごらんいただきありがとうございます。


消費税法直前期コース、日々邁進中です。


最近、答練を解きなおしていて思うのですが、解き直して満点を獲ることってなかなか難しいな~って以上に、たとえば、計算問題50点満点ですけど、初見で解いて、絶対に合わせられない箇所っていうのがありますよね!


例えば、調整対象固定資産の著しい変動納付税額など!
あと、納税義務が激ムズだったら、あと1箇所くらいは厳しいかもですよね。


2.3箇所×2点=4~6点は最初から捨てとして、実質44点から46点満点の中での勝負になってくるなかで、40~42点くらいを獲っていかないと上位に食い込めないんだなって思うと、富士山クラスの山の頂きを目指してるんだなって思いました(笑)


計算ではほとんど差がつかなくて、やっぱ理論勝負になるんでしょうね。そして、理論勝負に持ち込むためにも計算も疎かにできない!


あくまでも上級演習第4回の解き直しをして上位30%以内の方の点数を拝見して思ったことなので、本試験ではもう少し点数悪くても大丈夫なのかもしれないけど、それでもやっぱ気を引き締めなおして臨まないとダメだなって思いました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。