絶対に負けられない税理士試験

アラフォーなのに独身の男が税理士試験に無謀にも臨む姿を綴ってみてみたー!!

綱渡り

こんばんは。
ごらんいただきありがとうございます。


消費税法の試験が終わり、今はダラダラと過ごしています。


今年、税法を受験して思ったこと。


120分の間に一本のなが~~いロープの上をゴールまで歩くような試験だなって思いました。そのロープの太さは1年間の積み重ねで太くはできるだろうと思います。


でも、理論と計算のバランスをとりながら慌てず、でも、慎重になりすぎず、理論側の風が強いときは計算側で、逆なら理論側でバランスとりながら、絶妙なペース配分で渡り切らなければならない。


今回の試験では、前半の計算で慎重に渡りすぎて、後半の理論全速力に近いペースで走り、途中で完全にバランスを崩してしまいました。。。


また、来年、綱渡りをしないとなんだな~同じ綱は渡りたくない!


けど、来年の今頃のロープの長さ太さはどうなってるか・・・


法人税法を選択したら、限りなく細いロープを渡らないといけないだろうし、もし、消費税法ももう一回受けなければならないなら、2本のロープを渡る体力あるのかどうか・・・


9月までによく考えなければだな~





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。